自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後にウィッグを装着しよう

      2016/06/27

自毛植毛を医療機関で受けると、基本的に後頭部を刈り上げなければなりません。

「後頭部や側頭部からドナーを採取する」⇒「株分けする」⇒「薄毛部分に移植する」という流れの手術が自毛植毛で、刈り上げてドナーを採取しやすくする必要があります。

つまり、後頭部は手術の跡が一定期間に渡って残り、「髪の毛が短いから隠すことができない」と悩んでいる患者さんは多いはずです。

そこで、自毛植毛を実施しているクリニックの中には、専用のウィッグを作成してくれるところがあります。

ウィッグとは日本語でかつらのことを指し、どのような特徴があるのか下記ではまとめてみました。

・ヘアに人工の髪の毛でボリュームを出すことができる
・薄毛を目立たなくさせたりヘアスタイルをアレンジしたりできる
・専用のネットを着用するだけで自然な髪型へと見せられる
・人工毛でも髪質が自然なので違和感が残ることはない
・近年ではファッション性の高いウィッグも多いので女性から人気
・東急ハンズで格安で販売されていたりオーダーメイドで作ったり種類が豊富

このようなウィッグを術後に装着することにより、自毛植毛を受けた時に形成された刈り上げ部分を上手くカモフラージュできます。

良心的なクリニックならば個人の髪質や髪型に合わせて作成してくれますし、新しい毛髪が生え変わるまでの期間に使用できるのです。

もちろん、手術の費用に加えてウィッグの作成費用を支払わなければなりませんが、莫大なお金が必要というわけではありません。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでも作成してくれるので、詳細は無料カウンセリングで一度伺ってみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、頭頂部や前頭部の薄毛で悩んでいる男性の中には、「自毛植毛を受けなくてもカツラやウィッグを装着すれば良いのではないか?」という疑問を抱えている方がいるかもしれません。

確かに、自毛植毛は100%穴のない薄毛治療法というわけではありませんし、ウィッグで隠すのは選択肢の一つとなっています。

しかし、下記のようなデメリットがあるので注意が必要です。

・薄毛を隠しているだけで根本的な改善には繋がっていない
・オーダーメイドで作成しないと不自然な見た目になる
・お手入れが大変でメンテナンス費用もそれなりに高い
・時間が経つと色褪せるので新しく作成しなければならない

このようなデメリットがあるのに対して、自毛植毛ならば自分の髪の毛なので一生涯に渡って生え変わってくれます。

どちらが適しているのか個人の感覚によって異なるので、一度良く考えてみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア