自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛は若ハゲにも効果的?

   

若ハゲの症状や特徴は?

若ハゲの症状や特徴は?
明確な基準は存在しませんが、若ハゲとは若い年代から引き起こされる薄毛のことを指します。

薄毛で悩むのは何も中高年や高齢者の男性だけではなく、10代や20代の若者に引き起こされても不思議ではなくなりました。

髪の毛が薄くなる症状では一緒でも、中高年以上のAGAは普通に薄毛、若者のAGAは若ハゲと呼ばれることが多いのです。

  • 男性型脱毛症(AGA)で頭頂部や前頭部が徐々に薄くなる
  • 円形脱毛症で円形や楕円形の脱毛斑が頭皮に形成される
  • 頭皮のフケが毛穴を塞いで薄毛を起こす粃糠性(ひこう性)脱毛症

若ハゲには上記の特徴があり、全ての原因がAGAに潜んでいるわけではありません。

見た目では正確に判断できないことも多いので、何が原因なのか突き止めるには病院やクリニックを受診して専門医の診察を受けるのがベストです。

自毛植毛手術は若ハゲにも効果的なの?

若ハゲの悩みやコンプレックスは当人しか分からず、想像以上に深い特徴があります。

  • 自分は禿げていて髪の毛が薄いから女の子にモテない・・・
  • 周りの友達と比べて薄いのが気になる・・・
  • 勉強も恋愛も何事にも自信を持てない・・・

このような男性は多く、「若ハゲに自毛植毛手術は効果的なのか?」と疑問を抱えている方は少なくないでしょう。

結論から言えば自毛植毛には年齢制限はなく、10代でも60代でも頭皮にドナーとして採取する髪の毛が残っていれば誰でも受けられます。

プロペシアやミノキシジルのように20歳未満の未成年は禁止と定められていませんし、安全性と効果の高い薄毛手術なのはお分かり頂けるはずです。

実際に高校生や大学生でクリニックで自毛植毛を受けた人はおり、どんなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 植え付ければ一生涯に渡って生え続けるので定期的なメンテナンスが不要で、根本的に若ハゲを解消できる
  • プロペシアやミノキシジルが使えない未成年でも受けられる
  • 育毛剤を使い続けるケアは不要なので長い目で見れば手間や費用を省ける
  • 自分自身の組織を移植するので自然なヘアスタイルになる

数多くのAGA治療の中でも効果の持続性が高く、自毛植毛が年代に関わらず支持されている理由です。

若ハゲの治療におすすめのTOMクリニック

TOMクリニックは若ハゲの治療におすすめの医療機関で、様々な方法から自分に合ったものを医師が勧めてくれます。

  • ロボットを使った最先端の自毛植毛のARTAS(アルタス)
  • 頭皮環境を整えて抜け毛を予防するTOMヘアグロースシャンプー
  • 成長因子を頭皮に注入するTOMヘアグロースカクテルメソ
  • 再生外用治療のノンニードル電気導入

複数の中から選択できるのはありがたいですし、何も焦って自毛植毛を受ければ良いわけではありません。

若ハゲは40代や50代の男性が引き起こす薄毛とは違って症状が軽く、天然成分が含まれた育毛剤やシャンプーで頭皮環境を整えれば改善できることがあります。

仮に自毛植毛を受けると決断したとしても少ない移植本数で済み、500グラフトで34万円、750グラフトで45万円と他の医療機関と比べて格安なので一度TOMクリニックの医師へと相談してみてください。

 

>>> TOMクリニック美容外科の無料カウンセリング

 

若ハゲを自毛植毛で治療するデメリットは?

自毛植毛は確かに効果的な薄毛の手術ですが、若ハゲの治療で取り入れるに当たって幾つかのデメリットがあります。

「早く対処しなければ手遅れになるから自毛植毛しかない」と焦って受けると失敗しやすいので、どんなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

  • 生活習慣の乱れや頭皮の汚れが引き金となって抜け毛や薄毛が発生しているケースが多く、手術を受けなくても改善の余地がある
  • どのクリニックでも保険が適用されないので金銭的な負担が大きい
  • 未成年の場合は親と同伴か承諾書が必要となる
  • 額の生え際は年齢によって変化しやすく、早い段階で自毛植毛を受けると逆に不自然なヘアラインになりやすい

AGA(男性型脱毛症)など遺伝的な要素が強い若ハゲの場合は自毛植毛が効果的です。

しかし、生活習慣の乱れや円形脱毛症といった原因が潜んでいることも多いですし、何よりもこれから髪の毛の状態がどのように変化していくのか正確に読み取れないので、手術の前に他の方法も考えてみてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ