自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛を受けた後に床屋でカットできるの?

      2016/06/27

「自毛植毛を受けた後は今まで通っていた床屋で散髪できない」と考えている男性は多いようです。

これは、自毛植毛と人工毛植毛を混同して考えている可能性があります。

確かに、クリニックで人工毛植毛を受けたのならば、床屋でカットするのは難しいかもしれません。

ナイロンやポリエステルといった素材で作られた人工毛は既存の毛と同じように成長することはありませんし、床屋で散髪して短くしてしまったらそれ以上は長くならないのです。

そのため、人工毛植毛に関する知識を持った専用の美容師にカットをお願いするしかなく、一般的な床屋では難しいでしょう。

その点、自毛植毛で移植するのは自分の後頭部や側頭部といった部位に生えていた髪の毛なので、周りと同じように成長していきますし、専門のサロンではなくても今まで通っていた床屋や理容室でカットできます。

植毛した後の頭皮を他の人に見せるのは気が引けるかもしれませんが、床屋の理容師は髪の毛をカットするのが仕事なので、お客さんの頭皮をじっくりと見ることはないはずです。

パーマをかける際は地肌を小分けする際に頭皮を見られるかもしれませんが、傷跡が形成されていても自毛植毛だとは分かりませんし、「怪我なのかな?」と思われる程度なので特に問題はありません。

以上のように、自毛植毛を受けた後も以前と同じような生活を送れるのが最大のメリットなので、薄毛にコンプレックスを抱いている人は当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、人工毛植毛とは大きく異なり、自毛植毛では手術を受けた後に床屋や美容院で今までと同じように髪の毛を切ってもらうことができます。

「どこでもカットできるのは当然なのではないか?」と考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

もし、カツラを着用していた場合は当然のように取り外さなければならず、自分が禿げていることを周囲に晒すことになるので余程信頼している床屋でなければ難しいはずです。

長年に渡ってカットしてもらっている人に見られるのは良くても、周りのお客さんにジロジロと見られて気分が良くなる男性は絶対にいないでしょう。

それに、カツラを装着した際のバランスを考慮して既存の髪の毛をカットしなければならないため、多くの男性はアデランスなどのカツラメーカーが経営している専門店を訪れているはずです。

このような制約がないのが自毛植毛なので、薄毛治療の選択肢の一つとして考えてみてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ