自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛を受けるベストなタイミングは?

      2016/06/27

自毛植毛の手術を受ける上で、ベストなタイミングは特に設定されておりません。

「夏場は汗をかきやすいから定着率が下がるのではないか?」「冬場は乾燥しているから定着率が低下するのではないか?」など、色々な意見が出回っております。

しかし、季節や周りの環境によって自毛植毛での結果が変わることはないため、ベストなタイミングは特に存在しないというわけです。

それでも強いて挙げるのならば、以下のようなタイミングで自毛植毛を受けるのが良いのではないでしょうか。

・薄毛の進行に悩んでいて自分にとって自毛植毛が必要だと感じた
・クリニックで手術を受けるための費用(頭金)が貯まった
・プロペシアやミノキシジルを使ったAGA治療を1年間続けたが効果がなかった
・今直ぐにでも髪の毛を生やしたいと思った
・有給休暇を使って1週間程度の休みを取ることができた

自毛植毛は保険が適用されないので高額な費用を支払わなければならず、治療の範囲によっては100万円を超えることもあります。

多くのクリニックではローンや分割払いができるものの、その期間が長くなれば合計で支払う費用は高くなるので、ある程度の頭金は用意しておくべきです。

そのため、「自毛植毛が必要だと感じた」「費用が貯まった」という2つを実現できる時期が手術を受けるベストなタイミングだと言えます。

自毛植毛を受ける前にある程度の知識を得ておかなければならないため、まずは信頼できるクリニックを探して医師に相談してみるべきです。

当サイトでは、技術力の高い医師が在籍しており、アフターケアも徹底してくれるアイランドタワークリニックをご紹介しているので、無料カウンセリングで相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛に関する情報を集め、きちんと知識を得た上で今の自分に必要だと感じているのならば、今が手術を受けるベストなタイミングです。

抜け毛も薄毛も病気ではなく、年齢を重ねることで生じる自然現象の一つですし、髪の毛が薄くなったからといって命の危険に晒される心配はありません。

つまり、「自分は薄毛でも気にしない」「60歳になって髪の毛が薄くなるのは当然」と考えている男性にとっては、自毛植毛は必要のない治療なのです。

それでも、20代や30代という若い年齢の方は見た目を気にするはずですし、「老けて見られたくない」「若々しく見られたい」と考えます。

そのような人にとって画期的な手術が自毛植毛なので、新しい自分へと生まれ変わるために施術を受けるのは選択肢の一つなのです。

しかし、「術後に痛みが残る」「移植した髪の毛が生えてくるまでに時間がかかる」「少量でも高額な費用がかかる」というリスクがありますし、AGA治療には他の方法もあるので、まずは今直ぐにできる対策を始めてみてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ