自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後にピットスカーは起こる?

   

自毛植毛後にピットスカーは起こるの?

自毛植毛をクリニックで受けた後に引き起こされる可能性のある症状がピットスカーです。

  • アイスピックで頭皮を刺したように凹む
  • 毛を植えた箇所がクレーターのようにボコボコになる
  • 前頭部への移植の場合は余計に目立ちやすい

このような症状のことをピットスカーと呼び、術後のトラブルが怖くて自毛植毛に踏み切れない患者さんは多いかもしれません。

しかし、結論から言えば自分の髪の毛を移植する自毛植毛の場合、副作用としてピットスカーが起こる確率はかなり低くなっています。

そもそも、ピットスカーは毛髪を移植する際に表皮よりも深く押し込むことが原因で、自分の細胞ではない人工毛を使った人工毛植毛でのリスクが高いのです。

  • ポリエチレンテレフタレート
  • ポリブチレンテレフタレート
  • ナイロン

このような化学合成繊維で作られた人工毛を移植する手術のことを指し、私たちの身体にとっては異物なので炎症や化膿を中心とする肌トラブルで悩まされます。

植え込んだ際の拒絶反応がピットスカーの最大の原因で、複数箇所に拒絶反応が起これば月面のクレーターのようにデコボコの状態になるというメカニズムです。

ピットスカーを回避する方法

以下では、ピットスカーを回避する方法をまとめてみました。

人工毛植毛ではなく自毛植毛を受ける

最も確実な方法は、人工毛植毛ではなく自毛植毛を受けることです。

自分の頭皮に元々生えていた髪の毛を使う自毛植毛ならば拒絶反応は100%起こらず、一度移植すれば半永久的に生え続けてくれるメリットもあります。

ただし、くり抜き式植毛手術や機械式植毛手術は他の方法と比べてピットスカーのリスクが高いので、メスを使わないダイレクト法を取り入れたアイランドタワークリニックがおすすめです。

国内シェア率ナンバーワンの信頼できる医療機関なので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

技術力の高い医師による手術を受ける

自毛植毛でも100%ピットスカーが起こらないとは言い切れないので、リスクを抑えるには技術力の高い医師による手術を受けるべきです。

患者さん自身の体質によって変化しますが、医師の技術力が不十分だと植え付ける際に切り込みのサイズとドナーのサイズを見誤って深く入れ過ぎてしまう可能性があります。

安全性が高くても外科的な手術を行う以上は医師の腕が物を言うので、信頼できるクリニックと専門医を探しましょう。

 - 自毛植毛の副作用