自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛と塗り薬ではどちらが薄毛の治療として良い?

   

薄毛の治療と一口に言っても内服薬や塗り薬、自毛植毛や育毛メソセラピーなど幾つもの方法が挙げられます。

そこで、「クリニックで受ける自毛植毛と頭皮に塗布する塗り薬のどちらが良いの?」という疑問が浮かび上がるはずです。

誰でも効果の高い薄毛治療法を選択したいと考えるはずですし、変化が得られなければ時間とお金を無駄に費やす結果となるので当然かもしれません。

しかし、この2つの方法は効果が大きく異なるので比較するのは難しくなっています。

  • 自毛植毛⇒自分の髪の毛を移植して根本的に薄毛を治療する
  • 塗り薬⇒頭皮の血行を促して栄養素を行き渡らせる

未だに確実な治療法が確立されておらず、個人の薄毛の症状に合わせて選択するのが一般的です。

10代や20代といった若者でまだ薄毛の症状が進行していないのならば、飲み薬や塗り薬で様子を見ることから始めるのが良いかもしれません。

一方で、年齢を重ねて頭頂部や前頭部の髪の毛が急激に薄くなり、育毛剤では改善できないような状態に陥ったのならば自毛植毛を受けるのは選択肢の一つです。

塗り薬で確実に髪の毛を生やすのは難しくても、クリニックで受ける自毛植毛ならば男性ホルモンの影響で薄くなっていた箇所の毛髪を確実に復活させられます。

自分の頭皮を鏡で見ただけでは自毛植毛が必要か不要なのか判断できないかもしれないので、様々なAGA治療が提供されているTOMクリニックを受診して無料カウンセリングを受けて専門医の意見を伺ってみてください。
 

>>> TOMクリニック美容外科の無料カウンセリング

 

自毛植毛後に塗り薬を使えるようになるまで何日かかる?

「自毛植毛を受けてから塗り薬を使用できるまで何日かかるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

塗り薬と一口に言っても、以下のように複数の種類に分けられます。

  • 血管拡張剤の一種で育毛剤として使われているミノキシジル
  • 頭皮のかゆみを改善するすこやか地肌といったローション
  • 頭皮の湿疹に効き目のある市販のムヒHD
  • 脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹を治療するステロイド剤

使用する塗り薬の種類によって異なりますが、手術を受けた後は肌が敏感な状態となっているので直ぐの使用は避けるべきです。

頭皮が炎症を起こしたり痒くなっていたりした場合は自分の判断で塗り薬を塗布するのではなく、専門医へと相談して対処の方法を伺った方が良いでしょう。

自分勝手な使用で頭皮に刺激が加わり、移植した髪の毛が抜け落ちるというケースも少なからずあるので十分に注意してください。

 - 自毛植毛と他の治療