自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後のくせ毛

      2016/06/27

自毛植毛は自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を頭頂部や前頭部へと移植するだけなので、「元々は直毛だったのに植えつけてからくせ毛になった」ということはまずありません。

自毛植毛によって髪質が変わるケースは稀ですし、直毛ならば直毛、くせ毛ならばカールしたりウェーブしたりと元々の性質を引き継ぎます。

元々の性質を引き継ぐことをドナードミントの法則と呼び、この法則を上手く利用したAGA治療が自毛植毛というわけです。

後頭部や側頭部といった部位に生えている髪の毛は脱毛を引き起こすDHTの影響を受けにくく、AGAが進行しても髪の毛は残ります。

つまり、自毛植毛でこの部位の毛髪を頭頂部や前頭部へと植えつければ、ドナードミントの法則で半永久的に生え続けてくれるため、根本的な薄毛の対策に繋がるというメカニズムです。

仮に、元々くせ毛が強い人でも、異物を植え込む人工毛植毛とは大きく異なりますし、安全に手術を受けられます。

ただし、毛根部分が頭皮に対して垂直ではなく横に寝ている場合、ドナーを採取する際に根元を切断してしまうかもしれません。

くせ毛の強さによっては自毛植毛を受ける上で何かしらの弊害になるかもしれないので、詳しい話は専門医に直接伺ってみるべきです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックではいきなり手術が行われるわけではなく、最初に無料カウンセリングが実施されております。

ここでは自毛植毛に関するありとあらゆることを相談できるので、薄毛の悩みを抱えている方は一度アイランドタワークリニックを訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛を受けた人の中には、元々はストレートヘアだったのにも関わらず、自毛植毛を受けて新しく生えてきた髪の毛がくせ毛だったというケースは少なからずあるようです。

なぜくせ毛になるのか理由は分かっていないものの、恐らくドナーを採取したり植えつけたりする際に、毛根にダメージが加わったからではないでしょうか。

どちらにしても、くせ毛が半永久的に続くわけではなく、発毛してから初期の頃に引き起こされやすくなっております。

自毛植毛を受けてから期間が経過すればだんだんと落ち着いてくるはずですし、どうしても気になるのならば術後1ヶ月から2ヶ月程度経った後に、縮毛矯正やストレートパーマをかけて様子を見るのが良いかもしれません。

「毛根が斜めにカーブしている」「コルテックスの配列や量がアンバランス」「ケラチンを結び付けるシスチン結合がずれている」という先天的な要因でくせ毛が引き起こされている方は、自毛植毛で植え付けた髪の毛も高確率でくせ毛になります。

しかし、遺伝としてくせ毛を引き継ぐのは仕方ありませんし、「くせ毛=薄毛になりやすい」というわけではないので安心してください。

 - 自毛植毛後のアフターケア