自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛を受けると後悔するの?

      2016/06/27

自毛植毛では安全な方法で脱毛部分に髪の毛を増やすことができるため、基本的に後悔することはありません。

一度手術を受ければ半永久的に生え続けてくれるため、人工毛植毛のようにメンテナンスの必要性がないのです。

それでも、自毛植毛がどのような薄毛治療なのかきちんと把握しておかないと、手術を受けた後に後悔するはめとなるので注意が必要となります。

自毛植毛では後頭部や側頭部といった場所からドナーを採取し、それを薄毛の部分へと植え付ける形となり、後頭部や側頭部はAGAの影響を受けにくいからです。

このドナーを採取する際に、メスを使用するFUT法による自毛植毛を受けると、縫合部分の傷跡が目立つというデメリットがあります。

現在では、なるべく傷跡を目立たなくするために、トリコフィティック縫合法といった技術が採用されるようになりました。

しかし、全てのクリニックで実施されているわけではありませんし、技術力の低い医師が担当すると術後に傷跡が薄くならず後悔するかもしれないので、メスを使わないFUE法による自毛植毛の方がおすすめです。

パンチで頭皮に穴をあけてドナーを採取するFUE法は、FUT法と比較して頭皮への負担が少なく、傷跡が残るリスクは低くなっております。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは、FUE法を更に進化させたダイレクト法による自毛植毛が実施されており、従来の方法と比べて定着率が上がっているのでまずは無料カウンセリングで詳しい説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、メスを使わないFUE法による自毛植毛が実施されていたとしても、安心して治療を任せられるクリニックでなければ手術の後に後悔することになります。

ドナーの植え付けは基本的に手作業で行われるため、仕上がり具合は医師の腕全てにかかっているのです。

それに、ドナーを採取した後の株分け作業は看護師が行うため、スタッフやサービスのレベルにも気を配らなければなりません。

術後に髪の毛の量を増やせても、違和感の残る髪型になれば間違いなく後悔するので、下記のようなポイントに注意して手術を受けるクリニックを選ぶべきです。

・植毛のプロフェッショナルが在籍しているかどうか
・事前に自毛植毛に関する詳しい説明が行われるかどうか
・無料カウンセリングや無料メール相談を受け付けているかどうか
・料金設定が明瞭かどうか
・術後のアフターフォローが充実しているかどうか
・以前に施術を受けた患者さんから信頼を得ているかどうか

このような点に注意してクリニック選びを行っていれば、失敗のリスクを大幅に減らすことができます。

安全性が高いと評判の自毛植毛でも、外科的な手術を行う点では違いないので、術後に後悔しないように慎重に決めてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ