自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛は広範囲の薄毛の人でも受けられるの?

      2016/06/27

前頭部から頭頂部まで繋がるほどの広範囲に渡る薄毛で悩んでいる男性はいらっしゃいます。

AGAを発症した段階ならばまだ症状は進行していないため、見た目的にも大きな変化はないはずです。

しかし、AGAは年齢を重ねるにつれて症状が悪化していくという特徴があり、いずれは前頭部と頭頂部が繋がる広範囲の薄毛へと誘われてしまいます。

このような状態まで進行すると手の打ちようがないと考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

自毛植毛ならば自分の後頭部や側頭部といった部位に髪の毛が残されていれば受けられる手術なので、広範囲の薄毛で悩まされている男性でも理想の状態まで回復させられます。

以前は医療があまり発達していなかったため、大量の本数を移植する自毛植毛は受けられませんでした。

その点、近年では一度に2,000グラフト(4,000本)以上の毛髪を移植するメガセッションによる自毛植毛を受けられるクリニックが増え、広範囲に渡る薄毛で悩んでいる男性でも1回の手術で結果を出せるようになったのです。

2回3回と自毛植毛の手術を受けるとなると、金銭的な負担が大きくなります。

しかし、現在ではメガセッションによる自毛植毛を受けられるクリニックが増えたため、薄毛で悩む男性にとってはありがたいことなのではないでしょうか。

その数少ないクリニックが当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで、1回の手術で4,000グラフトの移植が可能となっております。

広範囲の薄毛でも諦める必要はないので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記でご紹介したアイランドタワークリニックは、1回の自毛植毛で移植する本数だけではなく、高密度の植え付けで自然な見た目を手に入れられるようになりました。

いくら自毛植毛で髪の毛の量を増やしても、見た目のイメージが悪くなってしまっては意味がありません。

そこで、自毛植毛の方法に改良を重ね、従来では30グラフト/cm2程度の移植が限界だったものの、アイランドタワークリニックのダイレクト法では60グラフト/cm2以上の移植が実現可能になったのです。

もちろん、あまりにも高密度に移植しすぎると血流の低下によって定着率が下がってしまうため、その点に関してはきちんと把握しております。

広範囲への移植を行うに当たり、当然のようにドナーの採取も広範囲渡って行わなければなりませんが、ダイレクト法はメスを使って頭皮を切り取るような手術ではなく、専用の機械のパンチグラフトが使われているので安全です。

頭皮に負担をかけずに自毛植毛を受けられるので、「今の薄毛を治すのは無理」と諦めるのではなく、専門医に相談してみてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ