自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛による移植毛はどのくらい持続する?

   

自毛植毛で植え付けた移植毛はどのくらい持続するの?

自毛植毛で植え付けた移植毛はどのくらい持続するの?
クリニックで自毛植毛を受けるに当たり、「植え付けた移植毛はどのくらい持続するのか?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

  • 保険が適用されない高額な費用を支払って自毛植毛を受けた
  • 持続期間が短くて術後直ぐに抜け落ちてしまった
  • AGAによる薄毛の克服に繋がらなかった

このような失敗に陥るのは大きなショックですし、少しでも長く持続して欲しいと考えるのが普通です。

しかし、現代の医療では一度自毛植毛を受ければ、半永久的に移植毛は生え続けてくれます。

  • DHTによる影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛をドナーとして採取する
  • 頭皮へと植え付けることによってしっかりと定着する
  • 一度抜け落ちても毛母細胞は死んでいないので新しい毛髪が生える
  • 抜けたり生えたりを半永久的に繰り返す

上記のような特徴があり、数多くのAGA治療の中でも注目を集めている大きな理由なのではないでしょうか。

自毛植毛とは違って、以下の方法は持続期間が短く定期的にメンテナンスをしなければなりません。

  • 人工毛植毛:持続性がなく数年間程度で自然と抜け落ちる
  • かつら:半年間に1回のペースでメンテナンスが必要
  • 増毛:周囲の髪の毛が伸びてきたら定期的にカットが必要
  • プロペシア:抜け毛を抑えるには半永久的に飲み続ける

自毛植毛であれば持続効果が長く、1回の手術で満足のいく効果を得られます。

もちろん、腕の良い医師による治療を受けなければ満足のいく仕上がりにはならないため、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックがおすすめです。

国内で60%と非常に高いシェア率を誇り、熟練の医師によるi-direct法が実施されているので一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

自毛植毛の持続効果を高めるためには?

以下では、自毛植毛の持続効果を高めるために何をすれば良いのか幾つか挙げてみました。

  • 術後に激しい運動を控えたり頭皮への刺激を避けたりとアフターケアに注意する
  • 髪の毛が生えてきても安心せずにプロペシアやザガーロなどの内服薬でAGA治療を行う
  • 毎日丁寧にシャンプーで洗髪して頭皮の清潔さをキープする
  • カラーリングやパーマなど髪の毛へと刺激を与えない

頭皮や髪の毛を正常な状態でキープするには、何よりも刺激を与えないのが大事です。

自毛植毛で頭頂部の薄毛を克服できても、AGAを発症している男性であれば年齢を重ねることによって前頭部や生え際の薄毛は進行する可能性があります。

頭皮全体の髪の毛を守って少しでもフサフサのヘアスタイルを維持するためにも、手術を受けた後も日々の対策を怠らないようにしてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ