自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛と人工毛植毛の違いは?

      2016/06/27

自毛植毛と人工毛植毛は同じ植毛手術で、限られたクリニックで受けることができます。

髪の毛を植え付けるという点では一緒でも、得られる効果や安全性には大きな違いが生じているので注意しなければなりません。

自毛植毛⇒自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を使用する
人工毛植毛⇒ナイロンやポリエステルといった化学繊維を使用する

そもそも、上記のような違いがあり、人工毛植毛では人工的に作られた髪の毛を使うので本数に限りがないというメリットがあります。

自毛植毛では後頭部や側頭部からドナーを採取しなければならず、その本数は多くても12,000本程度だと決められているのです。

そのため、人工毛植毛は元々の毛量が少ない男性でも受けられますし、多量に移植できるので最初からイメージ通りのヘアスタイルに生まれ変われるのも特徴の一つだと言えるでしょう。

このように聞くと、自毛植毛よりも人工毛植毛の方が良いのではないかと考えるかもしれませんが、下記のようなデメリットやリスクがあるので注意が必要です。

・人体にとって異物を頭皮へと植え付けるので数年後には確実に抜け落ちる
・頭皮へのダメージが大きく、個人の体質によってはアレルギーなどの拒絶反応が生じる
・抜け落ちる際に一部が頭皮に残って感染症を引き起こす原因となる
・元々自分の頭皮に生えていた髪の毛ではないので見た目が不自然な印象になる
・理想の髪型を維持するためには何度もメンテナンスのために通院しなければならない
・1回の手術には数十万円の費用がかかるため、結果的に自毛植毛よりも高くなる
・毛穴の中に細菌が繁殖して炎症や化膿の原因となる

今現在でも人工毛植毛を実施しているクリニックはありますし、「従来の手術よりも長く頭皮に残ります」と説明されていたので、全てを否定することはできません。

それでも、自毛植毛とは違って危険性の高い手術という点では変わりありませんし、実際にアメリカでは耐えずトラブルが引き起こされたことが原因で既に人工毛植毛は禁じられております。

植毛先進国のアメリカでは行われておらず、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも行わないように勧められているため、この薄毛治療を選択してはいけないということはお分かり頂けるはずです。

「自毛植毛には高額な費用がかかる」ということで人工毛植毛を考えている方は多いのですが、上記でもご説明したように何度もメンテナンスを受けていれば結果的に自毛植毛よりも高くなります。

つまり、「直ぐに結果が得られる」「大量に移植できる」という点以外にメリットが見当たらない手術なので、自分の身体のことを考えて他の方法を選択しましょう。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、効果と安全性が認められた自毛植毛が実施されているので、一度無料カウンセリングで説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛に関するFAQ