自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛と人工毛植毛ではどちらが安い?

   

自毛植毛と人工毛植毛ではどちらが安いの?

自毛植毛と人工毛植毛ではどちらが安いの?
日本で実施されている植毛手術は、自毛植毛と人工毛植毛の2種類に大きく分けられます。

  • 自分の髪の毛を移植する自毛植毛
  • 人工毛を移植する人工毛植毛

この2つの手術方法を比較し、どちらの料金が安いのか疑問を抱えている方は少なくありません。

料金だけで見てみると、人工毛植毛の方が安くなっています。

施術方法やクリニックによって異なるので一概には説明できないものの、有名な医療機関に焦点を当てて比べてみました。

  • 自毛植毛を行うアイランドタワークリニックでは2,000本を移植すると、基本治療費の20万円に加えて約1,000グラフトなのでトータルで140万円
  • 人工毛植毛を行うニドークリニックでは2,000本の移植で52万円なので1回の手術料金に焦点を当てればリーズナブル

保険が適用されない自由診療という点ではどちらも一緒ですが、料金が安いのは人工毛植毛なので費用を抑えたい方から注目を集めています。

メンテナンス費用で比較すると自毛植毛の方が安い

1回当たりの費用は人工毛植毛の方が安いとしても、メンテナンス費用で比較すると圧倒的に自毛植毛が安いのです。

人工毛植毛で植え付けた髪の毛は半年間から1年間程度で自然と抜け落ちてしまいます。

近年では技術力の発達により、大分長持ちするようになりました。

しかし、半永久的な効果を得られる自毛植毛とは大きく違うので、定期的に手術を受けなければなりません。

つまり、人工毛植毛を3回受ければ自毛植毛1回分の料金を負担しなければならず、その後も継続して手術を受ける必要があるので無駄な処置なのがお分かり頂けるはずです。

それに、TOMクリニックではキャンペーンが実施されており、1,000グラフトの移植が60万円で受けられるようになりました。

人工毛植毛1回分と遜色ない料金なので、一度TOMクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> TOMクリニック美容外科の無料カウンセリング

 

デメリットの多い人工毛植毛には注意が必要

メンテナンス費用だけではなく、人工毛植毛には他にも様々なデメリットがあるので注意が必要です。

  • 異物を頭皮へと移植する形となるので炎症や化膿のリスクがある
  • 自毛ではないので見た目に違和感が残りやすい
  • 切れ毛が頭皮の中に残ると感染症を発症しやすい

上記のように、トータルで見ても自毛植毛の方が圧倒的に優れています。

既にアメリカでは法律で禁じられている施術方法なので、料金が安いからといって気軽に受けないようにしてください。

 - 自毛植毛と他の治療