自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後に違和感は残る?

   

自毛植毛を受けた後に違和感は残るの?

自毛植毛を受けた後に違和感は残るの?
自毛植毛による薄毛治療を受けるに当たり、「違和感が残るのか?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

そこで、違和感の種類に応じて説明しているので一度チェックしておきましょう。

密度的な違和感

頭皮の一部分が濃くなると密度的な違和感が生じます。

しかし、自毛植毛では医師が自然な形で植え付けてくれるので特に問題はありません。

  • 自毛植毛は広範囲に渡って密度の違和感を感じない髪型に仕上げてくれる
  • 増毛は人工毛で一気に髪の毛を増やすので不自然なイメージになりやすい

髪の毛を増やすという点では一緒でも、自毛植毛と増毛とでは相手に与えるイメージが異なります。

それに、現在では医療技術の発達により、頭皮がスカスカでボリュームがなくなってしまった男性でも高密度で植え付けられるデスパッキング植毛が可能となりました。

もちろん、技術力の高い医師が在籍しているクリニックで手術を受けるのは大前提なので、国内でナンバーワンのシェア率を誇るアイランドタワークリニックがおすすめです。

  • 多本数で高密度の自毛植毛で薄毛部分の毛髪を増やせる
  • メスを使わないi-direct法で傷跡のリスクが少ない
  • 後頭部を刈り上げない方法も選択できる(1グラフトの料金は高くなる)

上記の特徴を持つ実績のあるクリニックなので、違和感の残らないヘアスタイルへと仕上げるためにもアイランドタワークリニックを受診してみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

見た目の違和感

密度的な違和感と内容は少々被りますが、自毛植毛は見た目の違和感は一切ありません。

後頭部や側頭部から採取した自分の髪の毛を使っているのが大きな理由で、頭頂部や前頭部へと移動させているに過ぎないのです。

  • 後頭部と頭頂部とでは髪の毛の太さが違うのではないか?
  • 前頭部は人の目に付きやすいから気付かれるのではないか?

これらの不安を抱えている男性は多いものの、太さの違いはほんの僅かなので肉眼で確認できる人はいないでしょう。

自毛植毛よりもポリエステルやナイロンなどの素材で作られた人工毛を使用する増毛や人工毛植毛の方が遥かに違和感を与えやすく、技術力が上がった現代でも自然な髪型に見せるのは難しいのです。

また、技術力の高い医師であれば後頭部の中でも植え付ける場所に最適なドナーを選択してくれるので、手術を受けようと考えている方は信頼できる医師やクリニックを探してください。

時間的な違和感

自毛植毛では毛根を髪の毛ごと植え付ける形となり、定着した後に直ぐに生えてくるわけではありません。

  • 手術が終わって1ヵ月程度の期間が経つと自然と抜け落ちる
  • 早い人は数週間程度で抜け落ち、髪の毛が休止期に陥るのが原因
  • 2ヵ月程度が経過すると少しずつ薄毛の部分から新しい産毛が生える
  • 半年間~10ヵ月程度でフサフサの状態まで生え揃う

このようなメカニズムで少しずつ伸びていくため、時間的な違和感は一切ないのです。

例えば、カツラや編み込みなどの増毛による薄毛対策を行うとなると、昨日と今日で髪の毛のボリュームが一気に変わるので周囲の人間は違和感を抱きやすくなります。

その点、自毛植毛では急激に頭皮の状態が変わるわけではなく、直接毛髪を増やして見せる方法と比較してバレる可能性が低い理由です。

 - 自毛植毛に関するFAQ