自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後の育毛剤は必要?

   

自毛植毛後の育毛剤は必要なの?

自毛植毛後の育毛剤は必要なの?
「自毛植毛をクリニックで受けた後に育毛剤を使った方が良いのか?」と疑問を抱えている男性はいます。

基本的に自毛植毛はAGAによる薄毛を根本的に改善できる手術ですし、移植した後は半永久的に生え続けてくれるのでメンテナンスは必要ありません。

しかし、術後に育毛剤を使ってケアすると以下のようなメリットが得られます。

  • 他の部位の毛髪が薄くなるのを防げる
  • 薄毛の進行を遅らせて現状維持できる
  • 術後のショックロスを予防できる可能性がある

自毛植毛で頭頂部へとドナーを移植し、薄毛を改善できたとしても前頭部は時間の経過でだんだんと薄くなっていきます。

複数の部位のAGAで悩む男性は多く、その進行スピードを遅くするために育毛剤を使うのです。

現在ではドラッグストアやネット通販で気軽に購入できますし、お風呂で洗髪した後に乾かして塗布するだけなので試す価値は大いにあるでしょう。

一口に育毛剤と言っても、以下のように様々な種類に分けられます。

  • 酵素の5αリダクターゼを抑えて脱毛を起こすDHTの産生を防ぐ男性ホルモン抑制タイプ
  • 頭皮を柔らかくして血流を促し、栄養素を行き渡りやすくする血行促進タイプ
  • 栄養補給で毛母細胞の分裂を活性化する毛母細胞活性タイプ
  • 過剰に分泌される頭皮の皮脂を抑える皮脂分泌抑制タイプ
  • ヒアルロン酸や海藻エキスで潤いを与える頭皮保湿タイプ

それぞれ違った効果がありますが、抜け毛や薄毛のサポート的な役割を果たしてくれる点では一緒です。

TOMクリニックでは最先端の自毛植毛のARTAS(アルタス)だけではなく、専用のエッセンスやシャンプーによるAGA治療も受けられます。

自毛植毛とホームケアを組み合わせることで理想のヘアスタイルを維持できるので、まずはTOMクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> TOMクリニック美容外科の無料カウンセリング

 

自毛植毛後に育毛剤を塗布する上での注意点!

自毛植毛を受けた後に育毛剤を塗布するに当たり、幾つかの注意点があります。

  • 術後直ぐは傷口を落ち着かせなければならないので移植部位を濡らしてはいけない
  • 洗髪や育毛剤の塗布で傷口が広がって出血する恐れがある
  • 一般的には5日~1週間が経過しなければ塗布してはいけない

髪の毛を増やそうと思っている行為で逆に頭皮へとダメージを与えていては意味がありません。

私たちの頭皮は想像以上にデリケートな場所ですし、安全性が高いとは言っても自毛植毛が外科的な手術という点では一緒なので術後はできる限り刺激を抑える必要があります。

素人ではいつから塗布して良いのか正確に判断できないかもしれないので、育毛剤の使用を考えている人は担当医へと一度相談してみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア