自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛を受けて生えるまでの期間

   

自毛植毛を受けて生えるまでの期間はどのくらい?

自毛植毛を受けて生えるまでの期間はどのくらい?
自毛植毛はクリニックで手術を受けてから直ぐにフサフサのヘアスタイルを維持できるわけではなく、生えるまでには一定の期間が必要です。

生えるまでの目安の期間は10ヵ月~1年間程度だと言われており、術後に正しいアフターケアを行っていれば確実に生えてきます。

自毛植毛を受けた後にどのような流れで自分の髪の毛が変化していくのか見ていきましょう。

  • 自毛植毛を受けてから数週間程度で頭皮へと定着する
  • 移植された毛根から生えている髪の毛は1ヵ月程度で抜け落ちる
  • 3ヶ月程度が経過すると少しずつ産毛が生えてくる
  • 10ヵ月~1年間で完全に生え揃って理想の髪型に変わる

このようなメカニズムになっており、一度抜け落ちるのは手術の失敗ではなくヘアサイクルに原因が潜んでいます。

「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルに従って一度抜け落ちているだけですし、毛母細胞は内部でしっかりと働いているので一定期間が経過すれば元気な毛髪が生えてくるのです。

生えるまでの期間が長いのは実は嬉しいポイント

「1年間も待たなければならないなんてあり得ない」と多くの男性は考えるかもしれません。

しかし、生えるまでの期間が長いのは実は嬉しいポイントで、その理由をまとめてみました。

  • 人工毛植毛とは違って毛根を移植しても直ぐに変化はない
  • 時間をかけてゆっくりと生え揃って成長していくのが自毛植毛
  • 急激に見た目が変化するわけではないので時間的な違和感がない
  • 周囲に植毛手術を受けたことがバレる心配がない

上記のようなメリットがあり、焦らずに気長に自分の髪の毛が生えてくるのを待つのが良いのです。

技術力の高い医師による手術を受けていれば失敗のリスクは少なく、名医が多いアイランドタワークリニックをおすすめします。

国内でナンバーワンのシェア率を誇っているのが何よりの証拠なので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

自毛植毛後に生えてこないことはある?

現在では医療技術の発達により、自毛植毛で大きな失敗に至るケースは少なくなりました。

効果と安全性の両方を得られるからこそ日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも高い評価を得ており、AGAで悩む男性だけではなく薄毛の悩みを抱える女性もクリニックで受けています。

しかし、技術力の低い医師による手術を受けると自毛植毛後に生えてこないことがあるので注意しなければなりません。

生えてこない時にどんな対処を施せば良いのか見ていきましょう。

  • まず最初に手術を受けたクリニックへとアクセスして生えてこない旨を伝える
  • ミノキシジルなど発毛効果の高い育毛剤を薄毛部分へと塗布する
  • カツラやウィッグを着用して見た目をカモフラージュする

自毛植毛を受けてから2ヶ月~3ヶ月程度で産毛も全く生えてこない場合は、手術に失敗したと覚悟した方が良いかもしれません。

日本のクリニックで受けた患者さんの場合はその確率は低いものの、韓国やタイなど海外で受けた人はこのような失敗例があります。

費用が安くても日本語が通じないというリスクがあるので、海外での自毛植毛はなるべく避けてください。

 - 自毛植毛の期間