自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛はどのような原理なの?

      2016/06/27

近年になって日本で頻繁に実施されるようになった自毛植毛の原理は単純明快で、自分の髪の毛が多いところから少ない場所へと移動させる手術となっております。

他のAGA治療と比べてみて、全く新しい原理で薄毛を克服する方法だとお分かり頂けるはずです。

プロペシアの原理⇒フィナステリドの摂取で脱毛を引き起こすDHTを抑える
ミノキシジルの原理⇒血管拡張を促して髪の毛に行き渡る栄養素を増やす
育毛サプリメントの原理⇒髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取する
育毛メソセラピーの原理⇒成長因子を注入して毛母細胞の働きを活性化させる
人工毛植毛の原理⇒人工的に作られた人工毛を頭皮へと植え付ける

実施されている自毛植毛の方法には違いが生じておりますが、後頭部や側頭部の髪の毛をドナーとして採取し、頭頂部や前頭部といった場所に植え付ける点では一緒となっております。

後頭部や側頭部の毛包にはⅡ型の5αリダクターゼが存在せず、男性ホルモンが脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)に変わる心配がないため、ドナーとして使用できるというメカニズムです。

植えつけた髪の毛が元々生えていた部位の性質を引き継ぐため、半永久的に抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれます。

このように、薄毛を根本的に解消してくれるため、自毛植毛は注目を集めているのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは、メスを使わずに移植を行う安全性の高いダイレクト法による自毛植毛が実施されているので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記ではどのような原理で自毛植毛が薄毛の改善に繋がるのか説明致しました。

薄毛の治療として100%完璧な方法とは言い切れないものの、安全性と効果の両方を持ち合わせているからこそ頻繁にクリニックで行われるようになったのです。

その証拠として数年前までは少なかったクリニックも、近年ではどんどん増えており、治療を受ける私たちからしてみれば選択肢は大幅に増えております。

メスを使うFUT法、パンチグラフトという機械を使うFUE法、植毛針を使用するニードル法など自毛植毛には様々な方法があるため、手術を受けるクリニックは慎重に選ばなければならないのです。

どのような流れの手術が実施されているのか公式サイトで記載されているはずなので、その方法を良く確認するとともに、実際に無料カウンセリングを受けて対応の良さなどをその目で見極めてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ