自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛に限界はあるの?

      2016/06/27

自毛植毛で移植できる髪の毛の本数には限界があるため、3回目4回目と手術の回数を増やすことはできません。

投薬治療で薄毛を改善できなかった男性から支持を得ている手術ですが、本数に限界がある点が唯一のデメリットとなっております。

人工毛植毛のように別の場所からドナーを持ってくるのではなく、後頭部や側頭部など自分の頭皮に生えている髪の毛を採取して移植するのでこれは当然です。

日本人の場合、1平方センチメートルの毛髪の平均密度は約160本と考えられており、頭皮全体には約10万本程度生えております。

この量を増やすことはできないため移植できる本数には限界がありますし、それは個人によって異なるものの大よそ12,000本程度です。

一定期間を空ければ数回の治療が受けられますが、無制限に自毛植毛を受けて10代の頃のフサフサの状態を取り戻すのは難しいでしょう。

それでも、現在では高密度の自毛植毛がクリニックで受けられるようになり、植え付ける本数が少なくてもボリュームと濃さをアップさせられるようになりました。

無制限に髪の毛を増やせるからといって人工毛植毛を受けても、拒絶反応で数年後には全て抜け落ちてしまいますし、異物を植えつけたことが原因による感染症のリスクがあるので危険です。

ある程度薄毛が進行した状態でも、2,000グラフトから3,000グラフトの移植をしただけでヘアボリュームは大幅にアップします。

アイランドタワークリニックのモニター症例を見ればお分かり頂けるはずなので、一度公式サイトで確認してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、人工毛植毛とは違って自毛植毛には限界があるため、限られた資源(ドナー)を無駄にしないように、生着率の高い手術を実施しているクリニックを選ぶ必要があります。

手術の方式だけでもFUT法やFUE法、ニードル法やフラップ法など種類は多く、髪の毛の植え付けは全て手作業なので技術力の高いクリニックに依頼するのが大事なのです。

「費用が安いから・・・」というのも比較項目の一つですが、術後の結果には大きな差が生じやすいので失敗しないためにも信頼できるところを選びましょう。

ただし、腕が良くても、あまりにも高密度で移植すると以下のようなデメリットが生じます。

・血流悪化によって全ての毛髪に栄養分が行き届きにくくなる
・限界を超えたことで頭皮に負担が加わって発毛率が低下する
・他の部分と見た目的に差が生じて違和感の残るヘアスタイルになる
・後頭部や側頭部の髪の毛を採取しすぎて全体的なバランスが崩れる

信頼と実績を得ているクリニックならば、この点もきちんと把握してくれているはずなので安心してください。

 - 自毛植毛に関するFAQ