自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後のふりかけ

      2016/06/27

自毛植毛を受けた後は、ドナーを採取した部分や移植した部位にかさぶたが形成されることがあります。

髪の毛が長ければヘアスタイルを工夫して隠せるものの、ショートヘアの方はそうはいかないので、ふりかけを使用するのが最適です。

髪の毛に粉を吹きかけて脱毛部分を隠す増毛パウダーのことをふりかけと呼び、以下のようにたくさんの製品が販売されております。

ウェルシー:静電気の作用で太い毛髪にも産毛にも付着する
スーパーミリオンヘアー:髪の毛が生えたように見せる新しいタイプのふりかけ
ジョンソンズマイクロファイバー:静電気によるキープ力で長持ちしやすい
ヘアプラススピードE:雨や汗から保護するキープ用のミストが付いている
ワンタッチグローEX:スプレータイプの使いやすい製品で、ミクロのカラー微粒子が絡み付いて自然なヘアスタイルに見せてくれる

自毛植毛後のかさぶたや後頭部の刈り上げ部分を隠すためだけに、オーダーメイドでカツラを作成するのは勿体無いかもしれません。

業者によっては自毛植毛の基本治療費と同じ20万円程度の費用がかかりますし、期間の経過によってかさぶたも後頭部の刈り上げ部分も自然と消えていくので、カツラよりも気軽にカモフラージュできるふりかけの方が利便性が高いのです。

製品の種類によって異なるものの、ドラッグストアや通販で2,000円~3,000円程度の価格で販売されているため、金銭的な負担にはならないでしょう。

薄毛を克服できても、自毛植毛の手術を受けたことを他人に知られたくないという方は多いはずなので、ふりかけのような増毛アイテムを上手く活用してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、手軽に使用できるだけではなく、ふりかけや増毛スプレーは頭皮や髪の毛への負担が少ないというメリットがあります。

自毛植毛後にふりかけを使用するに当たり、「移植した髪の毛に負荷が加わるのではないか?」「定着率が下がる原因になるのではないか?」という不安を抱える人が多いはずです。

しかし、ふりかけは髪の毛をコーティングして脱毛部分を隠すだけですし、頭皮の上からパウダーを載せるような感覚なので、特に大きな刺激が加わることはありません。

スーパーミリオンヘアーのような有名な製品ならば、余計な成分は加えられていないので安心して使用できるはずです。

ただし、頭皮に付着して毛穴詰まりを起こすと、毛髪の成長が阻害される大きな原因となるため、1日の終わりにシャンプーでしっかりと洗い流すようにしましょう。

 - 自毛植毛後のアフターケア