自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛で得られる効果は永久なの?一生続くの?

      2016/06/27

自毛植毛で得られる効果は基本的に永久で、一度植えつければ一生生え続けてくれるという特徴があります。

これが薄毛手術の中でも注目を集めている大きな理由で、高額な費用を支払う価値があることがお分かり頂けるです。

「人工毛植毛も自毛植毛と同じような治療なのではないか?」と考えている方はいらっしゃるものの、全く違う手術なので注意しなければなりません。

人工毛植毛ではナイロンやポリエステルといった化学繊維で作られた人工毛を頭皮へと植え付ける手術で、以前に日本でも頻繁に行われておりました。

しかし、自分の頭皮に生えている髪の毛ではないので成長することはなく、拒絶反応によって数年後には抜け落ちるため、効果が永久に続くわけではないのです。

その点、自毛植毛は自分の髪の毛を使うので拒絶反応は100%引き起こされませんし、自然なヘアサイクルで一生生え変わっていきます。

ただし、手術の方法やクリニックによって定着率は大きく異なり、後頭部や側頭部から採取したドナーを無駄にしないためにも、クリニック選びは慎重に行った方が良いでしょう。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックのダイレクト法は95%以上という高い定着率を誇っており、尚且つメスを使わないので頭皮にかかる負担は非常に少なくなっております。

一生モノの再生ができる画期的な薄毛治療なので、一度アイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、人工毛植毛が危険だと言われているのは、効果が永久に続かず途中で抜け落ちるだけではなく、患部の炎症や化膿といったリスクがあるからです。

当然のように人工毛は身体にとって異物と一緒ですし、それを排除しようとする働きがあります。

体質的に合わないケースは十分に考えられますし、全てが抜け落ちるのではなく根っこ部分が頭皮に残ったままの状態となり、刺されたような傷跡が残ることもあるのです。

雑菌の侵入によって感染症を患ったという報告もあるため、絶対に避けなければならない治療だと理解できるのではないでしょうか。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで自毛植毛はBランクの評価を得ているのに対して、人工毛植毛は「行わないように勧められる」というDランクに位置しております。

効果が一生続かない以外にも様々なデメリットが考えられるので、手術の費用が安くても自毛植毛を実施しているクリニックから選ぶようにしてください。

 - 自毛植毛に関するFAQ