自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後のダウンタイム

      2016/06/27

自毛植毛の方法によって多少は違いが生じているものの、基本的にダウンタイムが短いのが大きな特徴です。

美容整形などで施術を受けてから回復するまでの期間のことをダウンタイムと呼び、手術前の生活を取り戻せるまでの期間と説明すると分かりやすいかもしれません。

例えば、美容整形をクリニックで受けると、「麻酔による腫れ」「手術に伴う腫れ」「むくみやアザ」といった症状が患部に引き起こされ、日常生活に何かしらの制限が加わります。

ダウンタイムが長ければ長いほど身体に加わる負担は大きく、元の生活に戻りにくいというわけです。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛はこのダウンタイムが短く、身体に加わる負担は最小限で済みます。

現代ではメスを使わない切らない自毛植毛が主流となり、多くの医療機関で採用されるようになりました。

痛みもないので安全性が高いですし、午前中に来院して午後には帰宅できるため、日帰りの施術で済むのも大きなメリットです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、切らない自毛植毛のダイレクト法が実施されております。

専用の機械を使って毛根をくり抜き、頭頂部や生え際など薄毛が引き起こされている部位へと移植するだけなので、身体に加わる負荷を最小限に抑えられるのです。

術後のアフターケアのサポートも徹底している医療機関なので、AGAによる薄毛の悩みを抱えている男性はアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記では自毛植毛のダウンタイムは短いと説明致しましたが、身体に何も変化がないというわけではありません。

メスを使わない自毛植毛ならば明らかに目立つような傷跡は形成されないものの、腫れやかさぶたが落ち着くまでに1週間から2週間程度はかかります。

それに、個人の体質によっては術後に痺れが生じたり、患部が赤くなったりという症状が引き起こされやすく、良く観察しておくべきです。

自毛植毛も外科的な手術なのである程度のリスクはありますし、身体にどのような影響があるのか事前に専門医から伺っておいた方が良いのではないでしょうか。

もし、術後の痛みがあまりにも酷かったり、患部の腫れが一向におさまらなかったりという場合は自己判断で対処せず、手術を受けたクリニックへと足を運んで医師に相談してみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア