自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛はどんな脱毛症にも効果的なの?

      2016/06/27

「自毛植毛はどんな脱毛症にも効果があるの?」という疑問を抱えている男性は多いはずです。

確かに、脱毛症と聞くとAGAによる薄毛をイメージする男性は多いかもしれませんが、他にも以下のようにたくさんの種類があります。

円形脱毛症:自己免疫疾患によって急に脱毛痕が頭皮に形成される
びまん性脱毛症:頭皮の一部分ではなく全体が薄くなっていく症状
分娩後脱毛症:妊娠中から出産にかけてホルモンバランスの乱れが原因で生じる脱毛症
脂漏性脱毛症:過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を引き起こすことで生じる脱毛症
粃糠性脱毛症:フケが毛穴に詰まって毛髪の育成が阻害されることで生じる脱毛症
抜毛症:性癖の一種で自分の正常な髪の毛やすね毛などを引き抜いてしまう症状

上記のように、薄毛と一口に言っても個人によって引き起こされる症状は異なり、化学療法による脱毛や細菌感染による脱毛など他にもたくさんの種類があります。

自毛植毛はクリニックで実施されている画期的な手術ですが、全ての脱毛症に効果的というわけではありません。

AGAによる薄毛ならば、後頭部や側頭部など男性ホルモンの影響を受けにくい部位の毛髪を使用する自毛植毛は実に画期的です。

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、活性型男性ホルモンのDHTによる影響で、頭頂部や前頭部といった部位のヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えていきます。

しかし、後頭部や側頭部には抜け毛や薄毛の元凶となるDHTが存在しておらず、年齢を重ねても生え続けるという特徴があるので、AGAには自毛植毛が効果的なのです。

一方で、円形脱毛症では加齢による影響ではなく、精神的なストレスが原因で免疫に異常が生じ、自分の正常な細胞を攻撃することで抜け毛が増えていきます。

仮に、自毛植毛で髪の毛を移植して薄毛部分を上手く隠せても、植え付けた毛髪自体も免疫の攻撃対象となるため、円形脱毛症自体を克服しなければ全く意味がないのです。

自分の正常な髪の毛を引き抜く抜毛症も一緒で、自毛植毛によって移植した毛髪を引き抜いてしまっては何の解決にもなりません。

このように、自毛植毛は全ての脱毛症を改善できる治療ではないことがお分かり頂けるはずです。

今の自分に本当に自毛植毛が適しているのか確かめるために、まずはクリニックで医師に相談してみるのが良いのではないでしょうか。

当サイトでは、アフターケアのサポートにも力を入れているアイランドタワークリニックをご紹介しているので、薄毛の悩みを抱えている方は一度相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛に関するFAQ