自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛を受けた直後はどうなるの?

      2016/06/27

「自毛植毛を受けた直後はどのような状態になるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、髪の毛を増やせる画期的な手術だとしても、見た目的に変なヘアスタイルになるのだけは避けたいと願うはずです。

自毛植毛の方法によって多少は違いが生じているものの、基本的に手術の直後は頭部に包帯を巻かなければなりません。

メスを使わない安全性の高いFUE法による自毛植毛を実施しているクリニックでも、外科的な処置が行われるという点では一緒です。

パンチグラフトと呼ばれる機械を使って毛包ごと頭皮からドナーを採取するため、患部を守るために包帯を頭部に巻かなければならず、当日はお風呂で髪の毛を洗えないという制約があります。

しかし、包帯を巻かなければならないのは手術の直後だけで、翌日にクリニックへと来院し、傷跡のチェックを行ってその後は外すことができるはずです。

激しく身体を動かさなければ2日後から職場へと復帰できるため、土日や有給休暇を使って自毛植毛を受けるサラリーマンは多いのではないでしょうか。

また、自毛植毛の直後に頭皮の患部が腫れたり赤みを持ったりと、普段とは異なる症状で悩まされることがあります。

これは手術に失敗したわけではなく、外科的な手術を受ける上で致し方ない症状なのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックならば、患者さんのアフターケアにも力を入れているので、専門医の指示に従って処置を施してください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、クリニックで手術を受けた直後から髪の毛がフサフサになる人工毛植毛とは異なり、自毛植毛で植え付けた髪の毛は1ヶ月前後の内に全てが抜け落ちます。

これは頭皮に刺激を与え、ヘアサイクルが乱れたことが原因で、何も手術に失敗したわけではありません。

FUT法にしてもFUE法にしても、自毛植毛の方法に関わらず全ての方が引き起こす症状で、移植した毛髪が抜け落ちます。

そして、2ヶ月から3ヶ月程度が経過すると産毛が生え始め、半年後には目で見える黒さと太さに成長していくのです。

個人差があるので一概には説明できないものの、クリニックで自毛植毛を受けてから1年間程度が経過すればフサフサの状態まで戻るでしょう。

結果を得られるまでに時間がかかる点が自毛植毛のデメリットですが、だからといって人工毛植毛は危険度の高い治療なので、絶対に受けないでください。

 - 自毛植毛に関するFAQ