自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛後のちぢれ

      2016/06/27

自毛植毛を受けた後に、移植した毛髪がちぢれるという現象で悩まされている方は少なからずいらっしゃいます。

確率としては1%以下なので皆無だと言っても過言ではありませんが、髪質のちぢれを0%にするのは不可能なようです。

移植毛がカールしたりウェーブしたりする原因としては以下が挙げられます。

・頭皮に傷が生じている部分に髪の毛を植え付けた
・こめかみ部分の薄毛を克服するために植えつけた
・株を挿入する際に不適切な深さだった
・移植する際に毛根にダメージが加わった

上記のような原因で元々直毛だった人が自毛植毛を受け、髪質がちぢれるケースが稀にあります。

特に、技術力の低い医師による自毛植毛を受けた際に、ちぢれやカールといった髪質の変化が引き起こされやすいのではないでしょうか。

移植毛の深さを測って適切なスリットを作成したり、株を頭頂部や前頭部の脱毛部分に挿入する際に強く押し込まないようにしたりという点に気を配ることでちぢれのリスクは防げます。

もちろん、これは患者さんの意思でどうにかできる問題ではないため、信頼できる医師やクリニックを探して自毛植毛の手術を受けることが大事なのではないでしょうか。

技術力の低い医師による手術を受けたとしても、医療ミスのような明らかな失敗が引き起こされることはまずありません。

それでも、仕上がりが不自然になったり傷跡が大きくなったりという弊害はあるので、自毛植毛業界で日本で最も高いシェア率を誇るアイランドタワークリニックで施術を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、元々くせ毛の髪質の人が自毛植毛を受けると、脱毛部分から生えてきた髪の毛も当然のようにカールしたりウェーブしたりします。

それは元々の性質を引き継ぐドナードミントの法則によるもので、自毛植毛後のくせ毛というページでも説明致しました。

しかし、経験を積んだ名医が自毛植毛の処置を施しても、1%程度の確率で「直毛⇒ちぢれが生じた」という状態に陥ります。

手術が完璧でも絶対に引き起こされないと言い切ることはできず、低い確率でも失敗だと患者さんに思われてしまう植毛医は辛いかもしれません。

自毛植毛に限らず美容整形にも同じことが言えますが、外科的な手術である以上は何かしらのリスクがあると心得ておくべきです。

とは言え、今まで直毛だったのがドレッドヘアーのようなちぢれ具合になることはまずありませんし、見た目的に問題がないケースがほとんどとなっております。

それでも不安ならば自毛植毛ではなく、育毛剤や育毛シャンプーなど別の薄毛対策を実施してみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア