自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛は坊主やスキンヘッドでも受けられるの?

      2016/06/27

自毛植毛は何もない部分に人工毛を移植する人工毛植毛とは異なり、自分の後頭部や側頭部の髪の毛を脱毛部分へと移植させる手術となっております。

そのため、坊主やスキンヘッドといった髪型の男性は手術を受けることはできません。

正確には髪の毛自体を移植しているわけではなく、髪の毛が生えている毛穴ごと移植する手術なので、毛母細胞が死滅していなければ厳密には受けられます。

しかし、坊主やスキンヘッドではどこに毛髪が生えているのか分からず、ドナーの採取作業が困難となるため、治療を断られるケースが多いのです。

ドナー自体を無駄にしてしまうかもしれませんし、定着率が下がれば自毛植毛の効果をきちんと得られないため、ショートヘア程度までは伸ばした方が良いでしょう。

また、以下に記載した内容も、坊主やスキンヘッドの男性が自毛植毛を受けられない大きな理由となっております。

・ドナーを採取した後頭部の傷跡を隠すことができない
・植え付けた部位のかさぶたが目立つ
・手術をした部位の赤みが目立つ

FUT法による自毛植毛でもFUE法による自毛植毛でも、外科的な手術が行われる点では変わりなく、頭皮には何かしらの損傷が残ります。

傷跡が目立たないような技術のトリコフィティック縫合法でも坊主やスキンヘッドだと目立ちやすく、術後に形成されるかさぶたも隠せないため、ある程度の髪の毛の長さが必要となるのです。

これは技術力の高い専門医が在籍しているアイランドタワークリニックでも一緒なので、髪の毛を伸ばしてから無料カウンセリングを受けに訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、薄毛で悩まされていると、長髪はもちろんのこと、ミディアムショートといったヘアスタイルにするのが難しくなります。

頭頂部の薄毛を隠すために別の部位の髪の毛を伸ばし、覆うようなヘアスタイルにすると逆に違和感が残るのです。

「見っとも無い」「女々しい」という印象を与えてしまう結果となりますし、思い切って坊主やベリーショートといった髪型にするのは選択肢の一つかもしれません。

スキンヘッドは強面に見られやすいので微妙かもしれませんが、オシャレ坊主には以下のようなメリットがあります。

・清潔感を与えられる
・潔さが逆に好感を与えられる
・スッキリとした印象を与えられる

現代では髪の毛が長い男性よりも短い男性の方がモテますし、オシャレ坊主にチャレンジしてみる価値は十分にあります。

ただし、坊主にすると頭皮を守る髪の毛がなくなり、外的な刺激から守れなくなって薄毛が進行しやすいと言われているので注意してください。

 - 自毛植毛に関するFAQ