自毛植毛で失敗しないために

自毛植毛で失敗しないためのブログ(画像アリ)

自毛植毛は安全なの?

      2016/06/27

「自毛植毛は安全性の高い治療なのか?」「自毛植毛は危険性を伴う手術なのではないか?」という疑問を抱えている方は多くいらっしゃいます。

確かに、手術と聞くとメスを使った大掛かりなものをイメージする方が多く、「後遺症や副作用が引き起こされるのではないか?」と不安になるのは当然です。

しかし、結論から言うと自毛植毛は安全性の高い薄毛治療で、それは自分の髪の毛を使用した手術だからなのではないでしょうか。

①側頭部や後頭部からドナーを採取する
②採取したドナーを株分けする
③薄毛が引き起こされている部位に移植する
④頭頂部や前頭部のボリュームがアップする

メスを使うFUT法なのかメスを使わないFUE法なのかによって異なるものの、自毛植毛の流れは上記のようになっております。

元々自分の頭皮に生えていた髪の毛を使うので拒絶反応はなく、定着すれば半永久的に抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれるのが大きな特徴です。

化学繊維で作られた人工毛を植え付ける手術とは大きく異なりますし、安全性が高いからこそ日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもBランクという高い評価を得ております。

もちろん、医療機関によって実施されている自毛植毛の方法は異なるので、「技術力は高いか?」「お手頃な費用か?」「評判は良いのか?」「信頼できるのか?」といった点にスポットを当てて比較しなければなりません。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックはそのような医療機関に該当し、証拠として国内でナンバーワンのシェア率を誇っております。

多くの男性が自毛植毛で薄毛を克服できているので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛では拒絶反応の報告が今までになく、安全性の高さはお分かり頂けるはずです。

人工毛を移植する人工毛植毛では、以下のようなデメリットがあります。

・拒絶反応によって炎症や化膿が引き起こされる
・一定期間が経過すると全ての毛髪が抜け落ちる
・毛穴から抜け落ちずに内部に残ることで腫れに繋がる
・身体へのダメージが大きく感染症のリスクがある

中でも、時間の経過によってせっかく移植した毛髪が抜け落ち、理想のヘアスタイルを維持するために何度もメンテナンスを行わなければならないところが最大のデメリットなのではないでしょうか。

自分の髪の毛を使った自毛植毛とは異なり、人工毛は頭皮に定着して伸びたり成長したりしないのでこれは当然です。

アメリカでは既に禁止されている手術なので、人工毛植毛だけは絶対に受けないでください。

 - 自毛植毛に関するFAQ